globeが再始動?デビュー1万日目の記念BOX発売!メンバーの現在は?

音楽

こんばんば、banです。

今朝早くに3人組ユニットglobeのニュースが入ってきました。

globeと言えば、平成時代にヒット曲を連発した3人組ユニットで、メンバーは小室哲哉さん、KEIKOさん、マーク・パンサーさんです!

アラサーの方ならglobeの曲はとても懐かしく、たくさん聴いたと言う人も多いですよね。

今回はglobeの音楽活動の1つがニュースになっていたので、再始動したのか、またメンバーの現在についても調べていきたいと思います!

globeが再始動?

本日解禁された情報ではglobeのデビュー1万日目に記念BOXを発売という内容でした!

発売に伴って、globeが再始動してレコーディングなど行ったのか?気になって調べてみましたが、

再始動はしていませんでした。

記念BOXにはglobeの全141曲が収録されておりますが、音源は全てデジタルリマスタリングされたとのこと。

デジタルリマスタリングとは?

過去の音楽を最新のデジタル技術を使って、再度マスタリング作業をする(CDを量産する為の原盤をつくる)ということです。

デジタルマスタリングがされたということは、過去の音源を使っているため、3人が再度レコーディングを行ったわけではありません。

私はこの話題を聞いた時、色々問題はあったけど、もしかしてまた集まって音楽作ったのかな?なんて思ったんですが、そうではなかったようです。

でも、globeの名曲を全てまとめてくれて、今の技術でさらにいい音で聞くことができるのはglobeの音楽が好きな人にとってはたまらないですよねw

未発表のMVも収録!

今回の記念BOXには未発表だった「Stop! In the Name of Love」のMVも収録されているんだとか。こちらの曲はライブなどでは歌っていたのですが、MVだけは公開されておりませんでした。

こちらの曲のMVは今回の記念BOXにしか収録されていないので、とっても貴重!!

今回の記念BOXの発売日は12月24日なので、globeファンへのクリスマスプレゼントと言ってもおかしくありません。

デビューしてから1万日・・・27年間globeの音楽を愛しつづけている多くのファンの方がまだまだたくさんいるというのも凄いことだと思います!!

メンバーの現在は?

今回の記念BOXの発売に伴って、メンバーの方々は今現在何をされているのかが気になったので調べてみました。

小室哲哉さんの現在

小室さんは2018年に一度アーティスト活動を引退しておりましたが、2019年からアーティスト活動を再開。乃木坂46の『Route 246』を作曲されたり、2021年にはTMネットワーク再始動のニュースもありました。

また今年の3月には理化学研究所の客員主管研究員に着任ています。人工知能(AI)を使った作曲支援システムの研究開発に参加されているとのこと。

最新の小室さんのライブ情報はこちら↓↓

KEIKOさんの現在

KEIKOさんは現在、ご実家がある大分県臼杵市に住んでいるという情報です。

今年の7月にはご自身のツイッターでマークパンサーさんと一緒にお酒を飲む写真をアップされていました!↓↓

また、今年の8月18日には50歳の誕生日を迎えられ、沢山の方からお花やツイッターで祝福のコメントが届いておりました。

2011年に「くも膜下出血」と診断を受けてから、療養リハビリなどをしていたKEIKOさん。

現在はかなり回復されており、元気な様子が確認されているようで、昨年のある取材ではボイストレーニングする予定と答えていました。

また、KEIKOさんの歌う姿が見ることができるといいですね。

マーク・パンサーさんの現在

マークパンサーさんはラジオやDJなどの活動をしており、アパレルブランドも立ち上げておりまします。

マークパンサーさんが立ち上げたアパレルブランドは「BN20F(ベネバン)」です。

ベネバンは「BN20F」をフランス語で読んだ読み方だそうです。

鞄やカットソーなどが今はならんでいるんだとか!お店にマークパンサーさんもいる日があり、こちらのお店に行けば、マークパンサーさんに会えるかも!!

まとめ

今回はglobeが再始動なのか、またメンバーの現在を調べてみました。

  • 再始動はなく、全141曲を収録した記念BOXが今年のクリスマスイブに発売
  • 小室哲哉は2019年から音楽活動再開し、理化学研究所の客員主管研究員。
  • KEIKOは実家の大分県に住んで、8月には50歳になった
  • マークパンサーはアパレルブランドを立ち上げていて、鎌倉にお魅せがある

デビューから1万日……27年経ってもglobeの音楽はいい曲ばかり。

今日からまた聴き直してみようと思います。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました