岡田春生のお店の場所やアクセス方法は?オンラインショップはある?【情熱大陸】

グルメ

こんばんば、banです。

12月25日(日)放送の情熱大陸にてヴィーガンパティシエの岡田春生さんが出演されます。

岡田さんが作る「ヴィーガンスイーツ」は100%植物性由来でありながら、かなり美味しいと話題です。

私はアレルギーなどありませんが、それでも食べてみたいと思うほど、見た目も良く体にも良さそうな岡田さんのヴィーガンスイーツ!!

なので、今回は岡田さんがオーナーを務めるお店の詳しい場所やアクセス方法、そしてオンラインショップがあるのかなどを調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

岡田春生のお店の場所は?

岡田春生さんのお店は「hal okada vegan sweets lab」

こちらのお店の場所は東京の広尾にあります。

住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5丁目4−18 1F

住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5丁目4−18 1F
営業時間:11:00~19:00(水曜日定休)

こちらのお店は2020年8月19日(水)にオープンしており、ビーガン・スイーツのテイクアウト専門店です。

イートインスペースはないようなのでご注意を!

アクセス方法は?

「hal okada vegan sweets lab」は広尾駅から徒歩1分!!駅近で便利ですよね。

広尾駅は東京メトロ日比谷線の駅ですので、地方から行く方は日比谷線に乗る!っと思って行くといいかもしれません。

Googleのストリートビューを見ていると、こちらのお店は大きな通りに面しているわけではなく、大通りから少し路地に入ったところにあります。

目印としては、通りを挟んでスターバックスコーヒー広尾店があり、コインランドリー横の路地に入っていくとお店がありますよ!

スポンサーリンク

オンラインショップはあるの?

岡田さんが作るヴィーガンスイーツはオンラインショップもあります!!

なので、遠くてなかなかお店には出向くことができないという方にも安心です。

オンラインショップでの購入はこちらから行えますよ!→ GOOD EAT CLUB

アレルギーをお持ちの方、ヴィーガンの方、そうでない方が全国どこからでも岡田さんの作るヴィーガンスイーツを楽しむことができますよ!!

オンラインで購入可能なケーキを見てみると、チョコレートロールケーキやモンブランロールケーキ、またイチゴのソイレアチーズケーキなど・・・全て植物性由来だとは思えないほど美しく、美味しそうなケーキばかりです。

私の友人の息子君は小麦・乳製品のアレルギーがあり、友人曰く、市販のケーキやスイーツで食べられるものはほとんどないと言っていました。

でも、やっぱり息子君も食べてみたい!という気持ちはあり、友人は一生懸命自分で手作りでスイーツを作っていたのを見たことがあります。

そんな友人の姿を見ていたからか、ヴィーガンスイーツの偉大さを感じることができます。

アレルギーがある人もそうでない人も誰もが笑顔で食べられるってとっても素敵なことですよね!!

ヴィーガンとは?

そもそも、ヴィーガンって何か?っと言われると私も実は全然知りませんでしたので、解説しておきますね。

ヴィーガンとは卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」のこと。

同じような意味でベジタリアンという言葉を聞いたこともあると思いますが、ベジタリアンは様々なタイプの菜食主義者の総称です。

つまりベジタリアン中の1つの種類としてヴィーガンは位置するんですね。

ヴィーガン vegan。
完全菜食やピュア・ベジタリアン(pure vegetarian)とも言う。卵・乳製品・ハチミツ・肉・魚など動物性の食品は含まれない。動物の命の尊重から実践することをエシカル・ヴィーガン、専ら食事面のみで実践するのをダイエタリー・ヴィーガンと呼ぶ。

引用元:日本エシカルヴィーガン協会

ちなみに日本のヴィーガンの割合は2.2%と言われており、有名人で言えばこちらの方々です

  • 中谷美紀
  • 錦戸亮
  • 藤原史織(ブルゾンちえみ)
  • 松井玲奈など

今回のヴィーガンについて調べなかったら、知らなかったことばかり。

食生活って色々なんですね。

まとめ

今回は岡田さんがオーナーを務めるお店の詳しい場所やアクセス方法、そしてオンラインショップがあるのかなどを調べていきました。

  • 岡田春生さんのお店は「hal okada vegan sweets lab」でテイクアウト専門店
  • 東京の広尾にあり、日比谷線広尾駅から徒歩1分
  • 少し路地に入ったところにお店あり
  • オンラインショップもあり、全国からヴィーガンスイーツの注文が可能
  • ヴィーガンとは「完全菜食主義者」

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク
banをフォローする
ちょい知りban

コメント

タイトルとURLをコピーしました