美村里江はいつ改名?理由は?本名や結婚についても気になる?【さんま御殿】 

バラエティー

こんばんは、banです。

7月5日(火)放送の「踊る!さんま御殿」に女優の美村里江さんが出演されます。

美村里江さんって誰だろうーっと思っていたら、以前は「ミムラ」という芸名で活動されていた女優さんということに気づきました!!

私は改名されていることを知らなくて、ずっと「ミムラ」さんだと思っていたら、数年前に改名されていてびっくり。

なので、今回は美村里江さんがいつ改名したのか、理由、そして気になる本名も調べていきたいと思います。併せてご結婚もされて、お名前変わっているかについても確認していきたいと思います!

スポンサーリンク

美村里江はいつ改名?

美村さんが以前の芸名「ミムラ」から改名されたのはいつなのか?

調べてみると、今から四年前の出来事でした。

改名日:2018年3月27日 

この年にNHKの大河ドラマ「西郷どん」に出演され、それを機に変更されたようです。

改名の理由は?

今まで長らく「ミムラ」として活動してきたにもかかわらず、どうして4年前のタイミングで変えようと思ったのか、理由が気になりますよね。

理由についは美村さんご本人のブログにて語っており、理由を3つ挙げていました。

理由1つ目:本家ムーミン“ミムラ姉さん”の知名度が上がったため

美村さんはムーミンの大ファンで、ムーミンに登場する「ミムラ姉さん」というキャラが魅力的だと広めたい思いがあったそうです。

しかし、ムーミン人気もどんどん上がっていき、「ミムラ姉さん」の知名度もぐんと上がった現状から、違和感を感じ始めた美村さん。

ムーミンのテーマパークができるなど、ブームではなくもう日本にムーミンが一つのジャンルとして定着していることを感じ、「ミムラ」を本家「ミムラ姉さん」に返すことにしたと、ブログにて語っておりました。

理由2つ目:大河ドラマ出演で日本名の大切さに気付く

2018年の大河ドラマ「西郷どん」に出演した美村さんは、自分の役名と「ミムラ」というカタカナの名前の字面になんとも言えない気持ちになったと語っています。

日本の歴史を描くドラマに、カタカナの芸名で挑むことに違和感を感じたのも改名の1つのきっかけとなったようです。

理由3つ目:公私の自分がニアリーイコールになった

美村さんは、若い頃、公私の境目に悩むこともあったとのこと。

本名と芸名を分けることにより、整合性を保っていたところもあったのかもしれません。

しかし、美村さんは役者の自分とプライベートの自分、それぞれがあるからこそ、その一方も活かされると感じるようになったことで、もう大きく区別しなくてもよいと考えるようになったそうです。

現在の芸名は以前の「ミムラ」に漢字を付け、本名の名前の「里江」を付けた、芸名と本名の半々の状態です。

役者の「美村さん」と、プライベートの「里江さん」が共存して、美村さんのいうニアリーイコールの良いバランスが取れているのかもしれませんね。

美村里江の本名は?

先ほども名前の「里江」は本名であることをお伝えしましたが、では苗字の本名は何か?

以前、役者を初めて10年目の時に自身のブログにて本名を公表されていました。

本名:小暮里江(コグレリエ)

本名を公表されたのは2012年のことです。

ですので、次の項目で記載しますが、その後、美村さんはご結婚されたので、現在の本名は小暮里江さんから変わっている可能性があります。

スポンサーリンク

美村里江は結婚してる?

美村さんは現在ご結婚されています。

現在の旦那さんと結婚されたのは、2013年6月20日

40代の自営業を営む一般男性と約1年半の交際を経て結婚。

旦那さんは「年上の一般の方で性格は『俺物語!!』の猛男くん似、国籍も含めThe・日本男子です。」と美村さんのブログに記載されていました。

ご結婚後のお名前(苗字)は公表されておりませんので、現在の本名については不明です。

実は、美村さんは現在の旦那様とは再婚になります。

最初の結婚は2006年で、お相手は指揮者の金聖響さん。

しかし、結婚から4年後の2010年の10月に、元夫の金さんがベルギーのオーケストラの首席指揮者に就任するなど互いの仕事が多忙なことによるすれ違いを理由に離婚されました。

慰謝料などは発生せず、「円満離婚」だと報道されています。

まとめ

今回は美村里江さんがいつ改名したのか、理由は何か、また本名やご結婚もされているのかについて調べてました。

  • 改名は2018年3月27日(大河ドラマへの出演を機に)
  • 改名理由は3つある
  • 本名は小暮里江(結婚前)
  • 現在は一般男性と結婚している(再婚)

改名して約4年、これからどんどん「美村里江」として活躍していくことを期待しています。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました