黒田勇樹の昔と現在を画像で比較!今は結婚して子供もいる?【モニタリング】

バラエティー

こんばんば、banです。

11月10日放送の「モニタリング」に黒田勇樹さんが出演されます。

黒田勇樹さんと言えば「ひとつ屋根の下」などにも出演されていた俳優さんですよね。

でも、ここ最近テレビ出演はなく、モニタリングのCMで久しぶりにTV出演されているのを見かけて、昔とかなり変わった様子に驚きました。

なので、今回は黒田勇樹さんの昔と現在を比較して、どのように変わったか調べてみたいと思います。

また、併せて黒田さんが現在結婚されているのか、お子さんもいるのかなども確認してみたので、気になる方は是非最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

昔の黒田勇樹

まずは黒田さんの昔の画像があったのでお借りしました。

こちらは1994年に放送された「人間失格」というドラマに出演していた時の黒田さんです。

当時の黒田さんの年齢は12歳。

かなり若い!!美少年という言葉が似合うお顔出しですよね。

昔の黒田さんを知っている方なら画像のような美少年のイメージが一番強いのではないでしょうか?

実際に私もこのお顔のイメージが一番強いですね。

この「人間失格」の3年後、1997年にドラマ「ひとつ屋根の下2」に出演されていますので、10代の頃に沢山の有名作に出ていたことになりますね。

現在の黒田勇樹

では続いて、現在の黒田勇樹さんの画像をお借りしました。

現在の40歳の黒田さん。上の画像の28年後ということになります。

はっきりとした目鼻立ちは変わりませんが、美少年というイメージから、濃い顔のおじさま風に変わったように感じます。

別の画像だとかなり雰囲気が変わっています。

髪の毛を短髪にしていて、白髪交じりになると昔のイメージはどこにもない感じになります。

昔は「清楚」、今は「ワイルド」というイメージに切り替わっているので、

昔のイメージが残っていて、今の黒田さんを見ると「全然違う・・・」びっくりされる方も多いかもしれませんね。

俳優を一旦引退してた?

黒田さんは28歳で俳優を一旦引退しています。

なぜ引退したのか?その背景はとしては当時「俳優業を頑張れない自分」だったからと話されています。

1歳でデビューした黒田さんにとって当時の俳優のお仕事は「常にある」という状態が当たり前で、「頑張る」という感覚がなかったとのこと。

そのため、仕事へのモチベーションが他の「頑張って」俳優の仕事を手に入れている人達とは違い、「頑張れていない自分」にコンプレックスを抱くようになりました。

その状態で26歳の頃に体調不良で舞台を降板したことがきっかけで、当たり前にあったお仕事がどんどん減っていきました。

このままでは俳優の仕事がなくなったら死んでしまう・・・と感じるようになり、俳優を続けることへの不安感が高まったと話されています。

その為、28歳で芸能活動をやめた黒田さん。

その後は派遣会社に登録してコールセンターで働いたり、引っ越しのアルバイトをしたりして生計を立てていたとのこと。

しかし、31歳の頃に編集プロダクションの自主映画の出演依頼を受けたことで、映画のワークショップ講師、映画監督のオファーがくることに。

その後、劇団の演出を幅広く手がけるIKKANさんと出会い舞台に出演。

現在の黒田さんの活動は舞台演出家・俳優・脚本家・映画監督など幅広く活動されています。

スポンサーリンク

結婚、離婚、再婚

黒田さんは2012年7月に最初の結婚をしています。

出店:シネマトゥデイ

お相手は歌手の中村瑠衣さん。

しかし、8月30日に中村さんがツイッターで黒田さんからDVをうけていると公表し、その後2013年5月に離婚。

結婚生活は一年もたたずして、終わってしまいました。

それから7年後の2020年7月に舞台女優で、アイドルの珠居ちづるさんと再婚。

珠居ちづるさんは1992年3月31日生まれの30歳。

黒田さんとは10歳差となりますね。

珠居さんと黒田さんの出会いのきっかけは、黒田さんが脚本演出を手掛ける舞台に珠居さんが出演したことです。

そして、現在お二人の間には男の子が誕生されており、黒田さんは現在はパパとなっております!!

とても幸せそうなお写真!!

黒田勇樹のまとめ

  • 1歳からデビューし、10代は美少年
  • 28歳で一旦俳優業引退
  • 現在は舞台演出家、脚本家、映画監督、俳優をやっている
  • 30歳で一度目の結婚するがDV公表などで翌年離婚
  • 2020年に珠居ちづると結婚し、一児のパパ

黒田さんの経歴を見ていくと、波乱万丈な人生だったんだなぁと感じます。

でも、それを乗り越えて、現在はお仕事もプライベートも充実してる姿は素敵です。

今までの様々な経験からおもしろい舞台、映画を今後も作成されそうですね!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました